メインメニュー

伝説 松山鏡


松之山には青海町「山姥」と並んで越後二大伝説の一つ「松山鏡伝説」があります。

○松山鏡
『万葉集』の歌人大伴家持が、蝦夷征伐失敗の罪で越後に流され、松之山の中尾に来た。家持は篠原刑部左衛門と名前を変えて、中尾の鏡ヶ池のほとり住んだ。
家持には京子という娘があった。母は病気にかかって死亡する前に、京子を枕元に呼んで、「京子や、あなたに私の形見としてこの鏡をあげましょう。この鏡は、私が都にいた時から大切にしてきたものです。もし母さんを恋しく思うときがあったら、この鏡を出してみなさい。きっと若いころの母さんに会うことができるでしょう。」と言った。
京子は母の死後、寂しくなると母のこの言葉を思い出しては鏡を見、自分を見つめてくれるやさしい母の顔に慰められていた。ところが、しばらくすると、京子の身の上にいっそう悲しいことが起きた。それは家持の後妻で京子の継母となった人が、京子につらくあたることだった。京子は継母にかくれて鏡を見て身の不幸をなげいた。継母は京子の独り言を怪しみ折檻した。
ある日京子は、継母の折檻に堪えきれずに鏡ヶ池のほとりに来て泣いていた。そして池の水面を見ると、悲しげな母の顔が浮かんでいたので、京子は思わず、「お母さん!」と叫んで鏡ヶ池に飛び込んでしまった。
この様子を屋敷の庭で見ていた継母は、驚いて村人を呼び集めて京子を救おうとしたが、京子は池の底深く沈み、ついに死体を見つけることができなかった。やがて京子が沈んだ辺りに浮島ができ、毎年紅水仙の花が咲くようになった。京子の鏡の裏に紅水仙の彫刻があったことから、この紅水仙を京子の化身だと伝えるようになった。
なお、現在小高い丘の地名に刑部屋敷が残っている。また家持が散策した場所と伝えられる御寮つるね(ごいんつるね)も地名として残っている。

出典「松之山町史」

大伴家持がこの地に足を入れていたという史実はありません。
越中守として、越中国に赴任していたことがあり、それが伝わって伝説と結びついたのかもしれません。
後にこの伝説は、尋常小学校の教科書に載り、また謡曲や落語としても親しまれるようになりました。

○謡曲「松山鏡」
能の一。五番目物。早く母を失った娘が、その形見の鏡に映る自分の姿を母だと思って懐かしんでいると、やがて母の霊が現れ、娘の孝養の功力(くりき)によって成仏する。

越後国松之山に住む男は、妻の三回忌の命日に持仏堂へ向かう。すると、そこにいた自分の娘が何かを隠すので、世間の噂のとおり、新しく迎えた継母を呪詛しているのだと思い叱る。しかし隠したのは亡き母が遺した鏡で、娘は鏡の中に母の姿が見えると慕い泣く。鏡に映る自分の姿を母と信じていたのだ。
 そこに、あまりの娘の心に感じて地獄から母の霊が戻って来、鏡にまつわる説話を語る。そのうち地獄から倶生神が現れ、母を連れ戻そうと鏡に娑婆での罪科が写っていると母に示すが、そこに写っていたのは菩薩の姿だった。娘の孝行心の故である。胸を打たれた倶生神は母を連れることなく、地獄へ戻っていったのだった。


○落語「松山鏡」
むかし、親の墓参りを毎日欠かさないという大変親孝行の男がいました。
そのことを領主が聞きつけ、男に褒美を取らせようとします。
ところが男は、「褒美はいらないから、もう一度父親に会いたい」と頼みました。
領主はふと思いつき、当時大変貴重なものであった鏡を男に与え、
「父親に会いたくなったら、誰もいないときだけ覗きなさい」と言いました。
それからというもの、毎日のように男はこっそりと鏡に向かって語りかけるようになりました。
どうも最近夫の様子が変だと思った男の妻は、男が出かけたすきに、
隠してあった鏡を覗いてしまいました。
何とそこに男は女を隠していたのです。
夫がが帰ってくると、妻が問いつめます。
夫は「あれは男だ」と言い張り、大げんか。
そこにたまたま通りかかったお坊さんが、「では私が確かめましょう」と言って、
鏡を見て二人にこう言いました。
「あなた方があまりに激しくケンカするので、中の女はバツが悪くなって坊主になった」

○児童文学者・楠山正雄「松山鏡」

     一

 むかし越後国松の山家の片田舎に、おとうさんとおかあさんと娘と、おやこ三人住んでいるうちがありました。
 ある時おとうさんは、よんどころない用事が出来て、京都へ上ることになりました。昔のことで、越後から都へ上るといえば、幾日も、幾日も旅を重ねて、いくつとなく山坂を越えて行かなければなりません。ですから立って行くおとうさんも、あとに残るおかあさんも心配でなりません。それで支度が出来て、これから立とうというとき、おとうさんはおかあさんに、
「しっかり留守を頼むよ。それから子供に気をつけてね。」
 といいました。おかあさんも、
「大丈夫、しっかりお留守居をいたしますから、気をつけて、ぶじに早くお帰りなさいまし。」
 といいました。
 その中で娘はまだ子供でしたから、ついそこらへ出かけて、じきにおとうさんが帰って来るもののように思って、悲しそうな顔もしずに、
「おとうさん、おとなしくお留守番をしますから、おみやげを買ってきて下さいな。」
 といいました。おとうさんは笑いながら、
「よしよし。その代わり、おとなしく、おかあさんのいうことを聴くのだよ。」
 といいました。
 おとうさんが立って行ってしまうと、うちの中は急に寂しくなりました。はじめの一日や二日は、娘もおかあさんのお仕事をしているそばでおとなしく遊んでおりましたが、三日四日となると、そろそろおとうさんがこいしくなりました。
「おとうさん、いつお帰りになるのでしょうね。」
「まだ、たんと寝なければお帰りにはなりませんよ。」
「おかあさん、京都ってそんなに遠い所なの。」
「ええ、ええ、もうこれから百里の余もあって、行くだけに十日あまりかかって、帰りにもやはりそれだけかかるのですからね。」
「まあ、ずいぶん待ちどおしいのね。おとうさん、どんなおみやげを買っていらっしゃるでしょう。」
「それはきっといいものですよ。楽しみにして待っておいでなさい。」
 そんなことをいいいい、毎日暮らしているうちに、十日たち、二十日たち、もうかれこれ一月あまりの月日がたちました。
「もうたんと、ずいぶん飽きるほど寝たのに、まだおとうさんはお帰りにならないの。」
 と、娘は待ち切れなくなって、悲しそうにいいました。
 おかあさんは指を折って日を数えながら、
「ああ、もうそろそろお帰りになる時分ですよ。いつお帰りになるか知れないから、今のうちにおへやのおそうじをして、そこらをきれいにしておきましょう。」
 こういって散らかったおへやの中を片づけはじめますと、娘も小さなほうきを持って、お庭をはいたりしました。
 するとその日の夕方、おとうさんは荷物をしょって、
「ああ、疲れた、疲れた。」
 といいながら、帰って来ました。その声を聞くと、娘はあわててとび出して来て、
「おとうさん、お帰りなさい。」
 といいました。おかあさんもうれしそうに、
「まあ、お早いお帰りでしたね。」
 といいながら、背中の荷物を手伝って下ろしました。娘はきっとこの中にいいおみやげが入っているのだろうと思って、にこにこしながら、おかあさんのお手伝いをして、荷物を奥まで運んで行きました。そのあとから、おとうさんは脚絆のほこりをはたきながら、
「ずいぶん寂しかったろう。べつに変わったことはなかったか。」
 といいいい奥へ通りました。
 おとうさんはやっと座って、お茶を一杯のむ暇もないうちに、包みの中から細長い箱を出して、にこにこしながら、
「さあ、お約束のおみやげだよ。」
 といって、娘に渡しました。娘は急にとろけそうな顔になって、
「おとうさん、ありがとう。」
 といいながら、箱をあけますと、中からかわいらしいお人形さんやおもちゃが、たんと出てきました。娘はだいじそうにそれを抱えて、
「うれしい、うれしい。」
 といって、はね回っていました。するとおとうさんは、また一つ平たい箱を出して、
「これはお前のおみやげだ。」
 といって、おかあさんに渡しました。おかあさんも、
「おや、それはどうも。」
 といいながら、開けてみますと、中には金でこしらえた、まるい平たいものが入っていました。
 おかあさんはそれが何にするものだか分からないので、うらを返したり、おもてを見たり、ふしぎそうな顔ばかりしていますので、おとうさんは笑い出して、
「お前、それは鏡といって、都へ行かなければ無いものだよ。ほら、こうして見てごらん、顔がうつるから。」
 といって、鏡のおもてをおかあさんの顔にさし向けました。おかあさんはその時鏡の上にうつった自分の顔をしげしげとながめて、
「まあ、まあ。」
 といっていました。

     二

 それから幾年かたちました。娘もだんだん大きくなりました。ちょうど十五になった時、おかあさんはふと病気になって、どっと寝込んでしまいました。
 おとうさんは心配して、お医者にみてもらいましたが、なかなかよくなりません。娘は夜も昼もおかあさんのまくら元につきっきりで、ろくろく眠る暇もなく、一生懸命にかんびょうしましたが、病気はだんだん重るばかりで、もう今日明日がむずかしいというまでになりました。
 その夕方、おかあさんは娘をそばに呼び寄せて、やせこけた手で、娘の手をじっと握りながら、
「長い間、お前も親切に世話をしておくれだったが、わたしはもう長いことはありません。わたしが亡くなったら、お前、わたしの代わりになって、おとうさんをだいじにして上げて下さい。」
 といいました。娘は何ということもできなくって、目にいっぱい涙をためたまま、うつむいていました。
 その時おかあさんはまくらの下から鏡を出して、
「これはいつぞやおとうさんから頂いて、だいじにしている鏡です。この中にはわたしの魂が込めてあるのだから、この後いつでもおかあさんの顔が見たくなったら、出してごらんなさい。」
 といって鏡を渡しました。
 それから間もなく、おかあさんはとうとう息を引き取りました。あとに取り残された娘は、悲しい心をおさえて、おとうさんの手助けをして、おとむらいの世話をまめまめしくしました。
 おとむらいがすんでしまうと、急にうちの中がひっそりして、じっとしていると、寂しさがこみ上げてくるようでした。娘はたまらなくなって、
「ああ、おかあさんに会いたい。」
 と独り言をいいましたが、ふとあの時おかあさんにいわれたことを思い出して、鏡を出してみました。
「ほんとうにおかあさんが会いに来て下さるかしら。」
 娘はこういいながら、鏡の中をのぞきました。するとどうでしょう、鏡の向こうにはおかあさんが、それはずっと若い美しい顔で、にっこり笑っていらっしゃいました。娘はぼうっとしたようになって、
「あら、おかあさん。」
 と呼びかけました。そしていつまでもいつまでも、顔を鏡に押しつけてのぞき込んでいました。

     三

 その後おとうさんは人にすすめられて、二度めのおかあさんをもらいました。
 おとうさんは娘に、
「こんどのおかあさんもいいおかあさんだから、亡くなったおかあさんと同じように、だいじにして、いうことを聴くのだよ。」
 といいました。
 娘はおとなしくおとうさんのいうことを聴いて、
「おかあさん、おかあさん。」
 といって慕いますと、こんどのおかあさんも、先のおかあさんのように、娘をよくかわいがりました。おとうさんはそれを見て、よろこんでいました。
 それでも娘はやはり時々、先のおかあさんがこいしくなりました。そういう時、いつもそっと一間に入って、れいの鏡を出してのぞきますと、鏡の中にはそのたんびにおかあさんが現れて、
「おや、お前、おかあさんはこのとおり達者ですよ。」
 というように、にっこり笑いかけました。
 こんどのおかあさんは、時々娘が悲しそうな顔をしているのを見つけて心配しました。そしてそういう時、いつも一間に入り込んで、いつまでも出てこないのを知って、よけい心配になりました。そう思って娘に聴いても、
「いいえ、何でもありません。」
 と答えるだけでした。でもおかあさんは、何だか娘が自分にかくしていることがあるように疑って、だんだん娘がにくらしくなりました。それである時おとうさんにその話をしました。おとうさんもふしぎがって、
「よしよし、こんどおれが見てやろう。」
 といって、ある日そっと娘の後から一間に入って行きました。そして娘が一心に鏡の中に見入っているうしろから、出し抜けに、
「お前、何をしている。」
 と声をかけました。娘はびっくりして、思わずふるえました。そして真っ赤な顔をしながら、あわてて鏡をかくしました。おとうさんはふきげんな顔をして、
「何だ、かくしたものは。出してお見せ。」
 といいました。娘は困ったような顔をして、こわごわ鏡を出しました。おとうさんはそれを見て、
「何だ。これはいつか死んだおかあさんにわたしの買ってやった鏡じゃないか。どうしてこんなものをながめているのだ。」
 といいました。
 すると娘は、こうしておかあさんにお目にかかっているのだといいました。そしておかあさんは死んでも、やはりこの鏡の中にいらしって、いつでも会いたい時には、これを見れば会えるといって、この鏡をおかあさんが下さったのだと話しました。おとうさんはいよいよふしぎに思って、
「どれ、お見せ。」
 といいながら、娘のうしろからのぞきますと、そこには若い時のおかあさんそっくりの娘の顔がうつりました。
「ああ、それはお前の姿だよ。お前は小さい時からおかあさんによく似ていたから、おかあさんはちっとでもお前の心を慰めるために、そうおっしゃったのだ。お前は自分の姿をおかあさんだと思って、これまでながめてよろこんでいたのだよ。」
 こうおとうさんはいいながら、しおらしい娘の心がかわいそうになりました。
 するとその時まで次の間で様子を見ていた、こんどのおかあさんが入って来て、娘の手を固く握りしめながら、
「これですっかり分かりました。何というやさしい心でしょう。それを疑ったのはすまなかった。」
 といいながら、涙をこぼしました。娘はうつむきながら、小声で、
「おとうさんにも、おかあさんにも、よけいな御心配をかけてすみませんでした。」
 といいました。


底本:「日本の諸国物語」講談社学術文庫、講談社
   1983(昭和58)年4月10日第1刷発行
入力:鈴木厚司
校正:佳代子
2004年2月19日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(
http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

※青空文庫からダウンロードしたものをルビを削除し、改行を直したものです。

 

○起源
「松山鏡」の起源はインドの民話だといわれています。
それが中国に伝わり日本へ。
本当の鏡というものを知らない人はどんな人生を歩んでいくかという仏教説話です。
自分の目で見たり、自分の耳で聞いたりしたものを、
本当のことだと思い込んでしまいがちです。
この場合の自分の目や耳を鏡だと説いています。
仏教には「経は鏡なり」という言葉があるそうです。
仏の教えは、自分の心を映し出す鏡であり、
自らの愚かな姿を映し出すと同時に、仏の救いの心に出会うのだそうです。

プリンタ出力用画面
友達に伝える



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。